この葉酸がすごい!!

野菜の中でも、多くの葉酸がふくまれているものは、高い栄養価で知られるモロヘイヤや、小松菜、菜の花などのいわゆる青菜のものが多いようです。

妊娠が発覚してから、早めにこうした食材を食べるようにしましょう。葉酸は胎児の先天異常を発症させにくくするという報告があります。

とはいえ、毎日大量の野菜を食べることが難しいという場合には、納豆あるいはホタテなどの貝類からの摂取を推奨します。
妊娠期間中だけでなく、妊娠を計画している段階から、積極的な摂取が求められる葉酸ですが、忙しさから葉酸の摂取を怠ってしまう場合も出てくることもありますよね。

こうした悩みを解決するために、ぜひおススメしたいのが葉酸サプリを飲む事なんです。

葉酸サプリであれば、普段のご飯を変えることなく気軽に摂取できるため、継続的な葉酸摂取も容易です。

ですから、忙しくてご飯がちゃんと摂れなかった、なんていう場合も大丈夫なんですよね。妊娠がわかったら何より先に葉酸を摂取するようにと言われるように、この二つは大変密接に関わりあっています。
なんとなくと言うと、妊娠初期に葉酸が不足すると、胎児の先天的異常の可能性が高まると言われているためなんですよね。この話は当然、妊活中であったとしても例外ではありません。実際に妊娠が発覚した後で慌てて葉酸を摂ったとしても、葉酸が最も必要な受胎直後に戻ることは出来ません。
ですから、母体に十分な栄養が満たされた状態で赤ちゃんを授かるためにも、妊活中を初めた早めの段階で、ご飯やサプリによる葉酸の積極的な摂取をするのがいいですよ。葉酸は重要なビタミンの一種で、妊娠初期に細胞が分裂するのを助け、血液を作る作用があります。これは不妊体質の改善にも効果があり、子宮に受精卵が着床するのをサポートするのでそれだけで妊娠確率が上がるというわけです。造血作用で血液が増えることで、新しい血が体の隅々に栄養と酸素を届け、生殖機能そのものが底上げされ、妊娠しやすい体作りが出来るのです。

妊活とは、夫婦生活をふくめ、日常生活の中で妊娠しやすい体づくりを進めていく活動の事を言います。この妊活は女性側が実践するものがよく紹介されています。しかし、男性に出来る妊活があるのか、疑問に思いませんか?実は、男性にもお薦めしたい妊活があります。それというのも、葉酸を十分に摂るという事なんです。流産や不妊の原因因子として、母体に限らず、男性に原因がある事もあります。特に注目したいのは、精子の染色体異常です。
これは受精卵の着床率に影響をおよぼします。

葉酸にはこれらの染色体異常を低減し、高品質の精子をつくるという働きがあります。

そのため、ぜひ葉酸摂取という妊活を実践してみて頂戴。皆様ご存知のように、胎児は細胞分裂しながら成長します。葉酸はこの細胞分裂に欠かせない栄養素である為、不足しないように注意が必要なのです。

葉酸は一般的な食品にも含有している栄養素なのですが、単体では吸収されにくいという特性を持っているため、総合サプリメントを選ぶといいですよ。

しかし、不足しがちな栄養素を考慮した時に、葉酸のほかにどのような成分が入ったものを選べばよいのか判断の基準がつかず、困ってしまうという方も居ますよね。

総合サプリで何を選んだらよいのか分からない、という方は、粉ミルクの成分を参考に、総合サプリを選ぶようにすれば間ちがいないと思います。

妊娠前から妊娠3ヶ月の妊娠初期において、葉酸の摂取が必須であると厚生省が推奨していますが、妊娠後期の妊婦には葉酸が必要ないのでしょうか。実際には沿うではないのです。おなかの中の赤ちゃんに対して、先天的な異常が発症してしまう確率を抑えてくれる、という葉酸の効果だけを見た場合に、皆様がご存知の「妊娠前から妊娠3ヶ月まで」が大変重要な期間という事ですので、妊娠期間中のなかでも、特に妊娠初期の段階での葉酸摂取を意識しようという事なのです。

私の話なのですが、妊活をしていた当時、本を買って「産み分け」について学びました。

長男を出産した後でしたので、二人目は女の子だったらいいね、と主人と話したことがあったので、本当に産み分けが出来るのかな?と半信半疑な気持ちで読んでいました。
排卵日の特定や時期の調節など、あくまで自分の出来る範囲でですが、産み分けにチャレンジしたというワケです。その後、無事に妊娠し、赤ちゃんの性別が分かるまでは緊張しましたが、女の子でしたから、主人持とても喜びました。
産み分けをして良かったと思っています。