欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。そもそもインプラント治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)とは何かというと、あごの骨に開けた穴にそこへ人工歯根を埋め込み、固定され立ところで義歯をつけます。
ブリッジ治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。
審美性を考えた場合、インプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が優るというべきでしょう。また、ブリッジ治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)は、健康な歯を犠牲にしなければならないという覚悟もしなければなりません。インプラントについて、簡単に説明すれば何らかの原因によって歯の欠損が生じ立とき、歯根部からほぼ元通りになる人工歯根と、その上の義歯作りの治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)です。従来から使われていたブリッジや入れ歯とくらべると、人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので噛んだときの感じも自分の歯に近く、他の歯に負担をかけないで、長く使い続けられます。
インプラント治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)をうけようとすると、全て自費なので治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)費が高額になることは問題点です。

手術によってインプラントを埋め込んだ後は傷が落ち着くまで、できるだけ安静に生活を送って下さい。

日常生活には極端な制限はありませんが、明らかに負荷がかかるレベルの運動はしばらくおこなわないようにしましょう。

血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。運動を習慣にしている方の場合はどうなったら再開できるか、歯科医と話し合うと安心できます。

現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。骨と一体化して安定した歯根となりやすく金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。

インプラント治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の検査を一通り行ない、治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)方針を決めてから治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)をはじめるのが普通ですから納得した上で治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)をはじめられます。

一通りの治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)が終わったアトは、メンテナンスを継続することによって長い間、問題なく使うことが可能になります。虫歯が結構悪化して、抜くしかなくなってしまいました。隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたが他の選択肢としてインプラントをすすめられて、自分の気もちが固まりました。
費用も見積もりを出して貰い、全て自費ですが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。
手術がオワリ、インプラントを使っているうちに、だんだん虫歯だった持との歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたのでインプラントが正解だっ立と思います。

インプラント埋入手術の直後、自分の歯がうずく反応もよくあります。麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たものでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることが自然な流れです。

別の原因が隠れていることもあり得るため、特に手術後は、異変を感じたらすぐに歯科医に連絡することで早めの対応をしていきましょう。

歯科では、一連の治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。
保険が聞かない所以ははっきりしています。

インプラント治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)をすすめようとすると保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術と結構の手間がかかるためです。
あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、完全に治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)が終わるまでの医療費は結構のものです。

全面的に保険が聴くことにしてしまうと、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。
歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)もいろんな点で、失敗が起きる可能性があります。では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根があごの骨となじまない、破損などという人工歯そのものの問題、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの外見が損なわれる可能性もあります。こうした失敗のリスク(なんとなく、行動することによって危険性があるような気がしますが、実は行動しないことによる危険もあります)を最小限にとどめるためには歯科医はともかく慎重に決めて下さい。